2007年07月17日

ネイル・ハンドケア

ネイルアートをして、爪はきれいだけど指や肌は荒れている・・・
ではせっかくがんばったネイルアートがくすんでしまいます。

きれいな手に見えるようにネイルとあわせてハンドケアも
実行すると良いと思います。

理想は爪の周りが乾燥してなくて指の関節などが黒くなってなく
肌のキメが整っていることですね。

爪の周りの乾燥はきちんとお手入れしているか、していないかが
はっきり分かるところです。
ここがきっちりお手入れされているとそれだけで全然違います。
(爪の周りだけ・・・というのはだめですよ〜)

そして意外と見られている指の関節の黒ずみ。
しわはどうしようもないですが(生まれつき?ってことも
あると思うので)黒ずみはお手入れ次第できれいになる部分なので
手全体の印象をアップさせるためにきれいにしておくと
良いと思います。

最後に肌のキメ!!
肌のキメが整っていると手を美しく、生き生きとした手に
見えます。

ケアの要点として乾燥させない。
水を使ったり、いろいろな事情で乾燥したり、荒れたりすると
思いますが自分にあったものを選んで乾燥を防ぐために
こまめにケアしてください。

そしてマッサージはとても良いと思います。
血行もよくなるし、クリームなどのケア成分もなじみやすく
効果抜群です。
「気持ちいい」と思える力加減でマッサージすると良いと思います。
(痛すぎるマッサージは続かないですしね。)
アロマ系のオイルなどはリラックスにもなると思います。

最後に時々ピーリングやパラフィンパックなどのスペシャルケアを
すると良いと思います。
(ご褒美も必要ですよ〜)

これでめざせ「手ダレ」ですね!!


posted by ねる at 00:15| Comment(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。